おりものが臭いのは当たり前?

おりものが臭いのは当たり前?

おりものが臭い

トイレに行った時、おりものが臭っている時ってありませんか。
酷い時には下着などにも付着して、周囲の人に臭ってしまっていないかビクビクすることもあると思います。

 

おりもののニオイが原因でスカートが履けなくなったり、外出することが億劫になってしまったという最悪のパターンもあります。

 

実はおりもののニオイで悩んでいる方は多く、病気なのではないかと1人で悩んでいる方も多いと言います。

 

おりものは体調や環境で臭うこともあります。
どうしても汗や蒸れが発生しやすい場所ですし、体内のたんぱく質と結合して独特のニオイを発することもあるのです。

 

正常なおりものは、生理に伴う女性ホルモンの働きでサラサラになったり、ドロットしたり・無臭になったり・酸っぱいニオイがしたり・納豆のようなニオイがしたり…様々に変化しています。

 

これらのニオイや状態の変化であれば、全く問題はありません。
あまり神経質になりすぎると、返ってニオイがきつく感じてしまうこともありますので気にしすぎには注意が必要です。

 

しかし、おりもののニオイや状態によっては病気が潜んでいる場合もあります。
おりものが強烈な腐敗臭をしていたり・泡立っていたり・色が黄緑色や茶色や血が混ざっていたりした場合には注意が必要です。

 

この場合には、おそらく臭いニオイだけでなく痒み・痛みなどを伴っていることが多いと思います。
性病や子宮に問題がある場合がありますので、一刻も早く病院に行って下さい。
早く手を打たないと、治療が長期に及んだり・不妊の原因にもなってしまいます。

 

おりものは女性にとって、健康のバロメーターでもあります。
おりものが正常に機能していれば、体の中も正常に機能している証拠なのです。

 

仕事でストレスを感じている・妊娠を待ち望んでいる・定期的に性交するパートナーがいる…そういう大人の女性こそ、きちんとおりものチェックをしてほしいと思います。
今日からおりものチェックを習慣にしていきましょう。